敷金って返ってこないの?

アパートを借りるときの「敷金」「礼金」っていったい何のためにあるのでしょうか?

それぞれの性質を考えながらご説明していきたいと思います。

まずは「礼金」について

礼金とは、読んで字のごとく「謝礼のお金」のことで「部屋を貸してくれてありがとう」という意味で契約時に支払われる一時金のことです。

アパートが少なかった頃からの風習のようなものなので、今のアパートの部屋が余ってきている時代に「部屋を貸してくれてありがとう」という意味ではなかかな納得がいかない気もしますが・・・。

礼金は一度支払ってしまえば返ってくることはありません。入居期間の長短は関係ありませんので、たとえ入居後1日で転勤が決まったとしても返ってこないことになります。

次は「敷金」について

敷金とは、賃貸借契約上の債務を担保する目的で借主が貸主へ預けておくお金のことです。

敷金は預り金という性質上、借りているお部屋の明け渡し時に返還される(通常は明け渡し時から1ヶ月程度後に返還となる)のが原則です。

ただし、部屋を明け渡したときに借主の故意・過失による破損や汚れがあった場合は借主が原状回復義務を負うことになるので敷金から差し引かれて余った分のみ返金されることになる。

その他に敷金から差し引かれるものとしては、家賃の滞納分・最終の水道代等ですが、預けている敷金では足りない場合もでてきます。その場合は貸主へ早急に支払う必要があります。

アパートを借りる際は、簡単に

「礼金」は返ってくる。

「敷金」は原則返ってくるが、借主負担があれば差し引かれて返ってくる。

ということを覚えておくようにしましょう。