預けた敷金を解約時に全額取り返すために注意するポイント

賃貸

アパートの賃貸契約をするときに支払った敷金って解約するときに返してもらえるって知ってましたか?

その敷金が全額返金されるのか、それともちょっとしか返金されないのかはあなたの使い方次第です。

※ 使い方次第では1円も返ってこないことや追加で支払いを求められることもあります。

 

この記事では

 

  • 敷金ってなんのために払ったの?
  • 敷金を全額取り返すためにはどんなことに注意すればいいの?

 

ってことに答えていきます。

 

これから新生活を始める人や解約するに当たって敷金について調べている人はぜひ参考にしてください。

 

関連記事:敷金ってホントに戻ってくるの?解約時の敷金清算について

スポンサーリンク

原則、契約時に預けてある敷金は全額返金される

契約時に支払った敷金はあなたが入居している期間中に家賃の滞納があったり、室内を傷めて修繕工事が必要になったときのための保険として大家さんが一時的に預かっています。

 

賃貸契約を解約するときは原則として全額返金になりますが、解約時点であなたから大家さんに支払わなければいけないお金が発生しているときには差し引きされて残ったお金のみが返金されます。

 

いくら引かれることになるのかは大家さんや管理会社によって違ってきますが、この辺を適当にしているところもありますので、差し引きされるものがある場合は必ず敷金清算の明細書をもらってどこのなににいくら請求されたのかを把握することが大切です。

解約時に敷金から差し引きされる費用

解約時に返金されるはずの敷金から差し引かれてしまう費用で代表的なものは次の2つです。

  1. 滞納家賃
  2. 故意または過失による汚損・損耗による原状回復費用

※ もしこの他にも大家さんに対する債務が残っていれば合わせて差し引きされます。

滞納家賃

滞納して未払いになっている家賃がある場合は解約時に敷金から差し引かれます。

 

一点だけ注意しないといけないのは、敷金を預けているから家賃を滞納していいわけではないということです。

入居している期間中にあなたから「今月は家賃が払えないから敷金から引いといて」ということは絶対にできません。

 

敷金はあくまでも解約時の支払いに対する保険なので、仮に入居期間中に借主側からそれを使うように指示できてしまうと解約時の保険としての意味がなくなってしまいますからね。

故意または過失による汚損・損耗による原状回復費用

わざとやうっかりして部屋を汚してしまったり傷つけてしまった時の修理費用は借主の負担になりますので敷金から差し引かれます。

 

これらの原状回復費用は退去時の立会いの時にははっきりしないので、後日見積もりをしたうえで清算します。

契約上、敷金の返金時期が契約解約時より1ヶ月以内とされていることが多いのはこういった理由からです。

 

普通に使っていて自然に汚れてしまうようなものの修理費用は大家さん負担になるので、もしこんなものまで費用請求されるようなら自分だけで判断せずに信用できる第三者へ必ず相談しましょう。

※ 壁クロスの自然な黄ばみ、冷蔵庫裏の壁クロスの電気焼け、畳の表替え、家具を置いたクッションフロアのヘコミ跡等は大家さんの負担です

大家さんに預けてある敷金を全額取り返すために注意すべきこと

解約時に大家さんから敷金を全額返してもらうために入居中に注意しておくポイントがあります。

  1. 絶対に家賃を滞納しない
  2. 7年以上住む
  3. 間違った使い方をしない
  4. 床や壁、ドアを傷つけないように使う
  5. 結露・カビに注意する
  6. マメに掃除をしておく

絶対に家賃を滞納しない

当然ですが絶対に家賃は滞納してはいけません。

支払日に間に合わなかった場合であっても絶対に1ヶ月以上遅れないように支払うように心がけましょう。

7年以上住む

借主側に請求される修繕費用の中でも多いのが壁クロスの張替えです。

 

子供が落書きをしてしまったり、急いでいてうっかり物を引っ掛けて傷つけてしまったりすることもあると思いますが6年の耐用年数を経過してしまえば残存価値が1円になりますのでほぼ借主側の負担はなくなります。

 

逆に1年しか住んでいないにも関わらず張替えが必要なほど壁クロスを汚してしまっている場合がイチバン費用負担が大きくなります。

間違った使い方をしない

元からついているエアコンやコンロ、給湯器などの設備品の使い方を間違って寿命を短くしてしまうようなことがあれば修理や交換費用を請求されかねません。

 

説明書が用意されている場合は設定方法やメンテナンス方法を必ず確認しておきましょう。

特にオール電化の物件の電気温水器なんかの精密機器には注意です。

床や壁、ドアを傷つけないように使う

床や壁・ドアは耐用年数が〇年という考え方はしません。

 

ある程度傷が目立つようになったり穴が開いたりすれば交換や修理が必要になってきますが、かなり高くつきます。

 

兄弟喧嘩や夫婦喧嘩でイラついたりした場合でもそういったものに当たってしまうと、あとから絶対に後悔することになりますから要注意です。

結露・カビに注意する

冬場は外と室内の温度差が激しくなるので機密性の高い部屋ほど結露ができやすくなり、この結露を放置したり部屋の風通しを悪くしてると大量のカビが発生してしまいます。

 

こういったカビ汚れは入居期間中のメンテナンス不足という見方をされるので修繕費用は借主の負担になります。

 

結露をマメに拭き取ったり壁と家具の隙間を開けて風を通すような工夫をしておかないと予想外の費用負担を求められてしまいます。

マメに掃除をしておく

退去後に通常のルームクリーニングで済む場合は問題ありませんが、特別なクリーニングが必要になる程汚れている場合は費用負担をしないといけなくなります。

 

レンジフードに一度も掃除していないんじゃないかってぐらい油がこびりついていたり、排水溝が詰まっていて水が流れにくくなっていたりする場合は要注意です。

 

専門業者に特別クリーニングを依頼されてしまうと高くつくので、汚れやすい水回りやレンジフードの油汚れはマメに掃除して清潔にしておきましょう。

まとめ

賃貸契約をしていて自由に使えるといっても借り物である以上、大事に使うことを心がけましょう。

 

解約時に大家さんや管理会社から

住んでいた年数の割には綺麗に使ってもらえた

と思ってもらえるように使えていれば預けてある敷金を全額取り返すことができますよ。

賃貸
スポンサーリンク
アークをフォローする
誰も教えてくれない不動産取引の基礎知識

コメント