礼金は誰に対するお礼?1円も戻ってこないんだから値下げ交渉しなきゃ損!

賃貸

賃貸契約のときに支払う『礼金』がどんなお金かちゃんと理解していますか?

どんなお金なのかわからず請求されるがままに支払っていたのでは、同じアパートの契約であっても他の部屋の人よりも大きく損をしてしまう可能性があります。

 

この記事では

 

  • そもそも礼金ってどんなお金なの?
  • 礼金って値切れるの?

 

って疑問についてお答えしていきます。

 

誰になんのために支払うお金なのかを理解しておけば、値切り交渉する段階でどこを優先していくべきかが見えてきます。

スポンサーリンク

礼金は大家さんに対するお礼

礼金は読んで字のごとく、契約させてもらえることに対するお礼のお金です。

この礼金は賃貸契約をする借主から大家さんに対して支払われます。

 

契約させてもらうのにお礼がいるの?

っていうのは当然浮かんでくる疑問ですが、元々『礼金』という習慣ができた頃はアパートなどの貸家自体がかなり少なく、部屋を借りられることに対してお礼をするような時代だったんです。

 

今では完全に供給過多でアパートの部屋の方が多いぐらいなので『部屋を借りられることに対するお礼』というのは時代的に合わなくなってきていますが、習慣的なものとしてずっと残ってきています。

礼金はどんどん少なくなっている

昔は家賃3ヶ月分が相場だった礼金も、今ではかなり少ない設定になっています。

今なら家賃1ヶ月分が相場で、多くても2ヶ月分程度です。

 

それどころか完全に礼金をもらわない『礼金ゼロ』なんて物件も年々増えてきています。

礼金は値下げ交渉ができる

気に入った部屋が見つかって、礼金が家賃2ヶ月分以上かかるようなら絶対に値下げ交渉をしてみましょう。

あなたが直接大家さんに交渉するわけではないので仲介会社に交渉をしてもらうことになります。

 

礼金は敷金と違って一度支払ってしまうと1円たりとも戻ってきません。

だからこそ支払う金額は少しでも抑えられるようにしないと大損です。

礼金の値下げ交渉の3つのコツ

礼金の値下げ交渉は大家さんに対して行いますが、借主が直接交渉するわけではなく、仲介会社の担当さんを通して行うことになります。

礼金の値下げ交渉を成功させるには以下のような3つのコツがあります。

  1. 「〇〇まで値下げしてくれるなら借りる!」と言い切る
  2. 契約手続きを早めにすることをアピールする
  3. 長期間住むであろうことをアピールする

「〇〇まで値下げしてくれるなら借りる!」と言い切る

交渉をする前に必ず着地点を決めておきましょう。

 

いくらまで下げてくれるの?

できるだけ安い条件で借りたいのものわかりますが、こんな交渉ではいい結果は得られません。

 

大家さんはできるだけ下げたくないですし、条件を提示したところで借りてもらえるかどうかわからない状態だと大家さんもいい返事をくれません。

 

 

〇〇まで下げてくれるなら借りる!

ここまで言い切ってボールを投げておけば、あとは大家さんの判断次第で契約が決まるかどうかの話になるので多少無理をしてでも条件を合わせてもらいやすくなります。

 

たとえあっさり交渉が通ったからといって

まだいけそうやな・・もっと下げてよ

なんて欲をかいてしまうと大家さんの心象は最悪になるので気をつけましょう。

契約手続きを早めにすることをアピールする

値下げをしてくれるなら借りると口頭で大家さんに伝えたところで、いつまで経っても契約手続きをしてもらえないのであれば大家さんはいつまでたっても安心できません。

 

そこで交渉する時点で

値下げしてくれるなら〇月から住みたいので来週の日曜日に契約手続きをしたい

と具体的な日程まで伝えておくとさらに成功率がアップします。

 

交渉が通ったあと早めに契約手続きをするのはあなたを守るためにも有効です。

一度交渉が通ったとしても契約手続きを後回しにしておくといつ条件をひっくり返されてしまうかわかりません。

 

大家さんが値下げの条件を飲んでくれた時点でできるだけ早く契約手続きを済ませて契約を固めてしまうことが大事です。

 

時間が経ってしまって

  • 家族と相談したら反対された
  • 元の条件で借りたいという人があらわれた

なんてケースも十分に考えられます。

長期間住むであろうことをアピールする

大家さんが困るのは短期解約です。

値下げ交渉を飲んだ契約で短期解約なんてされてしまえば、退去後のルームクリーニングや補修費用で赤字になりかねません。

 

この心配を払拭して値下げしてもらうためにも、できるだけ長く住む予定であることをアピールしておく必要があります。

 

ココからなら子供が小学校を卒業しても中学校にも通いやすいですよね

何度も引っ越しをしたくないですからね

というのを仲介会社の営業さんに伝えておくと、大家さんにも伝わります。

 

『長期間住んでくれそう』という印象を持ってもらえれば値下げ交渉のハードルもグッと下がります。

礼金の交渉がうまくいかなかった場合の次の一手も考えておくことが大事

礼金の値下げ交渉も100%うまくいくわけではありませんので、もし交渉が通らなかったときのために次の一手についても仲介会社の担当さんと打ち合わせしておくといいです。

  1. 家賃の値下げ交渉
  2. 家賃の発生時期を遅らせる交渉

家賃の値下げ交渉

家賃を1,000円でも下げてもらうことができれば年間で12,000円の節約になります。

 

値下げ交渉を礼金の1点に絞るのではなく、長く住む予定であれば家賃を下げてもらう方がお得になる場合もあるのでどちらの交渉を先にするのかを営業担当さんとよく相談して決めておきましょう。

 

どちらも値下げしてもらえれば一番いいですが、欲張ってどちらも断られてしまっては元も子もありません。

この点についても大家さんの性格を考慮しつつ営業担当さんと相談しておきましょう。

家賃の発生時期を遅らせる交渉

値下げをしてもらうだけが交渉ではありません。

 

この交渉はフリーレントといって、家賃の無料期間をもらうものになります。

結果的には無料にしてもらっただけの家賃分を初期費用から値下げしてもらったのと同じ効果があります。

 

大家さんが

値下げはしたくない!

というなら切り口を変えてこういった提案をして少しでもお得に契約できるようにもっていきましょう。

まとめ

礼金がいかに無駄な支払いなのかをご理解いただけたでしょうか?

できるだけ礼金をゼロに近づけるように値下げ交渉をしていきましょう。

 

もし礼金の値下げ交渉がうまくいかないようなら家賃の値下げやフリーレントも組み合わせて粘りましょう。

 

営業担当さんとどんな条件交渉をしていくかを相談している中で

  • 喋りが下手
  • 大家さんの情報を全然持っていない
  • 提案や切り口の切り替えが下手

と感じるようなら値下げ交渉をベテランの営業マンや上席の人にやってもらえないか聞いてみましょう。

 

交渉が成功するか失敗するかであなたの支払う金額が数万円変わってくることになります。

たまたまあなたの担当になった初対面の担当さんに遠慮して成功する確率を下げてしまうのはもったいないことですよ。

賃貸
スポンサーリンク
アークをフォローする
誰も教えてくれない不動産取引の基礎知識

コメント