いい不動産屋の見分け方~売却する場合~

不動産の売却をする場合はどこの不動産屋に頼むのかが重要になってきます。

いい不動産屋の見分け方をお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

いくらで売りたい?

ほどんどの売主さんは「できるだけ高い値段で早く売りたい」と考えるでしょう。

ただし、相場からかけ離れた値段をつけてしまうと全く売れなくなってしまいます。

ですので事前に売主さん自身もインターネット・折り込みチラシ等である程度情報を把握しておく必要があります。

物件の査定は2社以上に!

物件の査定を依頼する場合は必ず2社以上にしましょう。

不動産屋は物件を1件でも多く仕入れようと考えています。その中で査定を1社のみにしてしまうと、査定会社も安心して安く提示してきます。

これが他社にも同時に査定を依頼していることを伝えておくことで、自社でお客さんにご紹介できる相場での提案になってきます。

相場からかけ離れた金額を提案する不動産屋には頼んではいけない

数社に査定依頼をすると、飛びぬけた金額で提示する不動産屋があります。

地域相場を考えず、高い金額で売れるように見せて売却依頼をもらおうというだけです。この飛びぬけた金額で売れることはまずありません。

結局は「売れないので値段を下げましょう」と言ってきてますので、最初から相場の金額で売り出しておいたほうが断然早く売却できます。

どういう不動産屋に売却依頼をすべきか

当然ながら物件を売却するには不動産屋に売ってもらう必要があります。査定を依頼したときにどんな査定結果を持ってくるかでその会社の売る力がわかります。

  1. 相場では〇〇万円ぐらいです
  2. 土地の評価が〇〇万円・建物の評価が〇〇万円なんで合計〇〇万円です
  3. 土地の評価が〇〇万円・建物の評価が〇〇万円・近隣相場が〇〇万円・・・総合的に〇〇万円です

この場合では間違いなく物件を売れるのは3の不動産屋です。3社の査定金額が同じであったとしても、物件を売る力は全く違ってきます。売主さんに対してこの物件の適正な金額が〇〇万円であると説明できない営業マンにお客さんを納得させるこてはできません。

実際に査定時に「駅までの距離」や「スーパーや病院までの距離」なんかも考えて査定金額を提示している営業マンはよく売ってきます。

物件を売りたいなら、提示した金額の根拠をきちんと説明できる不動産屋に依頼することが近道です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする