火災保険で損をしないために

家を買ったら万一の為に火災保険に加入することになります。

この火災保険の保険料ですが、毎年払いにするよりも長期一括払いを選択した方が比較的割安です。

ただ、長期一括払いになると保険料が50万円を超えることもよくあります。

少しでも余計な出費を抑えるためには十分に検討する必要があります。

スポンサーリンク

火災保険の保険金額はどうやって決まる?

まずは火災保険の保険金額を決めていきます。

その建物にどれぐらいの価値があるのか(=評価額)を算出します。

この評価額が保険金額になります。

建物の評価額には≪時価≫と≪再調達価格≫がありますが、保険金額には≪再調達価格≫を使います。

再調達価格とは火災等で建物がなくなってしまったときに、新たに材料を調達して新築する場合に必要になる金額です。

新築であれば再調達価格はわかりやすいですが、中古住宅の場合は建物の床面積等から求めることになります。

保険金額は高い方がいい?

保険金額は高い方がいいと思っている方もいらっしゃるとは思いますが、生命保険と違って火災保険は評価額以上の保険金額を設定するメリットはほとんどありません。

例えば評価額2,000万円の中古住宅に3,000万円の保険をかけたとします。

万が一その住宅が火災等で全焼してしまった場合、2,000万円(評価額分)の損失を保険で補てんすることになるので保険がおりるのは2,000万円が上限になります。

ですので余分にかけた1,000万円分の保険料が無駄になります。

これは保険会社を2社使った場合も同様で、評価額2,000万円の住宅に2,000万円の保険を2つかけた場合でも全焼時には各保険会社から1,000万円ずつの合計2000万円までしか保険はおりません。

木造と鉄骨造の保険料の違い

火災保険料は物件の構造によって3つの階級があります。

  • H構造(木造住宅等の非耐火建物)
  • T構造(鉄骨造等の耐火建物)
  • M構造(コンクリート造等の共同住宅)

H構造(木造)> T構造(鉄骨造) > M構造(マンション)の順で保険料は安くなっていきます。

見落としてはいけない≪省令準耐火≫

木造の家の火災保険の見積りをとって「高いなぁ・・・」と思われる方は一度購入時の設計図面を確認してみてください。

図面中に≪省令準耐火≫もしくは≪省令簡耐火≫の記載があればラッキーです。

≪省令準耐火≫もしくは≪省令簡耐火≫の建物は木造であっても鉄骨造と同等のT構造として保険料が算出されるので一気に半額近くまで安くなります。

木造だから保険料が高くても仕方がないと思って保険料を支払う前にひと手間をかけてみてください。

それだけで数十万円得することもあります。

まとめ

火災保険で損をしないために、保険料を支払う前に以下の5つのポイントを再度確認してみてください。

  1. 保険金額=再調達価格(=評価額)となっているか?
  2. 間違って≪時価≫で保険をかけていないか?
  3. 建物評価額を超える保険金額を設定していないか?
  4. 火災保険にいくつも加入して保険金額が建物評価額を超えていないか?
  5. 木造住宅であれば、省令準耐火建物に該当しないか?

これらを確認することで少しでも無駄を省いていきましょう。