売却査定は一社じゃダメ!スタートからつまずくと不動産は売れない

売却

家の売却を考えたことがありますか?

住宅ローンの支払いが苦しくなってきたり、子供の自立で部屋を持て余したりするといっそのこと売却して賃貸アパートへ引っ越した方がスッキリすることだってあります。

 

  • もし今住んでいる家を売るとしたらどれぐらいの価格になるんだろう
  • 相続した土地や古家にどれぐらいの価値があるのか知りたい

 

こんな感じで所有している不動産の価値が気になったとしても不動産の値付けは専門的すぎてなかなか自分ではできません。

そんなときは不動産屋に売却価格査定を依頼してみましょう。

 

不動産屋では常に扱う物件を増やそうとしていますので喜んで無料査定をしてくれますよ。

スポンサーリンク

売却価格査定をしてもらうことでわかる3つのこと

不動産屋で売却価格査定をしてもらってわかるのは売出価格だけではありません。

実際に売却価格査定をしてもらえばこれら3つのことを知ることができます。

  1. 地域の売れる相場と売出価格
  2. 不動産の詳細
  3. 売れやすくするための方法

地域の売れる相場と売出価格

インターネットで売りに出されている土地や建物の価格も簡単に調べられるようになりましたが、それらはあくまでも不動産屋の価格査定を参考にはじき出した所有者が売りたい価格です。

※ 不動産屋で『査定価格は1,000万円です』となったとしても所有者が「どうしても1,500万円で売り出したい!」と希望すれば1500万円で売り出されます。

 

不動産を売るときに大事なのは『いくらで売りにかけられているか』よりも『実際にいくらで売れたのか』という情報ですが、これらの情報を探すのは不動産屋以外では難しくなっています。

 

不動産屋では不動産業者専門サイト(レインズ)を使うことができるので過去の取引事例も多く確認することができます。

そこから地域の売れる相場と具体的な売出価格の提案を受けることができます。

不動産の詳細

売出価格の提案があれば、なぜその価格になるのか理由も合わせて確認しておきましょう!

そうすることであなたの知らない不動産に関する情報が入ってくるかもしれません。

 

例えば、

  • 建物の建築ができない土地だった
  • 数年後に大型ショッピングモールができる予定でこれからは売りやすくなる

といったようなものです。

 

自分の所有している不動産であっても詳細を知らない人はかなり多く、あなたの気付いていないプラスポイントやマイナスポイントがわかるかもしれません。

 

不動産を購入するときにはその不動産がどういったものなのか詳しい説明を受けているはずですが、何十年も経って当時とは法律が改正されていたり相続で引き継いだりしていると正確に内容を把握するの難しいですからね。

売れやすくするための方法

予想もしていなかったマイナスポイントを補うためにはどうするべきかのアドバイスをもらえます。

 

例えば

  • 敷地内に駐車場がないのがネックになりそうだから庭の一部を駐車場として使えるように改良してみたらどうか
  • 古家のリフォーム代がかさみそうだから建物を解体して更地の新築用地として売り出すのはどうか

といった感じです。

 

自分では使いやすい家であっても万人受けするとは限りません。

プロの目で見たアドバイスは非常に参考になります。

ほんの少し手を加えるだけで売値が上がったり購入者が早く見つかったりもしますからね。

価格査定を依頼する3つの方法

土地や家を売りたい人はどうやって不動産屋に価格査定を依頼しているのでしょうか?

価格査定を依頼する3つの方法を見ていきましょう。

  1. 過去に利用したことがある不動産屋に飛び込みで行く
  2. 不動産屋をネットで探して直接行く
  3. 一括査定サイトでまとめて依頼する

過去に利用したことがある不動産屋に飛び込みで行く

駅の近くや大学の近くには不動産屋が多くありますし、今まで引っ越ししたことがあれば不動産屋を利用したこともあるかと思います。

 

そういった不動産屋に直接行って話を聞くのが一番手っ取り早いです。

 

ただし、初日から売却理由や住宅ローン残高のようなプライベートな話まで面と向かってしないといけないので抵抗のある人も多いかもしれません。

 

さらにその不動産屋の査定価格が正確なのか、それとも相場からかけ離れているのかの判断をするには結局他の不動産屋の意見も聞いてみないといけなくなります。

不動産屋をネットで探して直接行く

不動産屋がどこにあるかわからない、もしくは知ってる不動産屋には行きたくないなんて場合はインターネットで探して新規の不動産屋を開拓する方法もあります。

 

対応が悪ければ二度と行かない!ぐらいの気持ちで相談に行けるので過去に利用したことがある不動産屋に行くよりは気持ちは楽ですね。

一括査定サイトでまとめて依頼する

今は便利なサイトがあり、インターネットで査定依頼を出すと複数の不動産屋から査定結果をもらうことができるというものです。

 

査定依頼の方法としては一番手軽ですね。

 

この一括査定には

  • 机上査定
  • 訪問査定

の二種類があり、まずは話を聞きたいという場合は机上査定で十分で、お金をかけずに数社分の査定結果が手に入ります。

 

本当に売却するかどうかは査定結果が届いてから決めればいいですし対応の悪い不動産屋を候補から外すこともできます。

 

査定依頼の際に

「メールでの対応希望」

と書いておけば全てをメールで済ますこともできますよ。

 

関連記事:1日1600件以上?!不動産の売却査定でsmoola(スモーラ)が選ばれる理由

まとめ

「不動産を売りたい」と考えているなら不動産屋に無料査定を依頼してみましょう。

 

ここで注意したいのは売却査定は一社のみに依頼しては絶対にダメということです。

必ず複数の会社に依頼しましょう。

会社によっては数百万円の差が出ることだってあります。

もしまだ「売るかどうかは金額次第で決めようかな」という段階であるならまずは一括査定サイトで簡易の机上査定を依頼してみるのがいいですね。

対応の良し悪しも前もって判断できますのでオススメですよ。

売却
スポンサーリンク
アークをフォローする
誰も教えてくれない不動産取引の基礎知識

コメント