中古住宅を買ったら鍵交換をすべし!売主の「これで全部」は信用できない

リフォーム

中古住宅を購入したときには売主さんから家の鍵を受け取ったときに心配になることってありませんか?

本当に持っている鍵はこれで全部なんだろうか?

 

中古住宅の売買では玄関や勝手口の鍵を売主さんがわざわざ交換して引渡しをしてくれることは少ないので、今まで売主さんが使っていた鍵をそのまま引き継ぐことになります。

 

仮に売主さん側で引渡し前に鍵を交換してくれていたとしても100%安全とは言い切れないので、交換してくれているタイミング次第では再度交換することも検討するべきです。

 

この記事では

 

  • 中古住宅を買ったけど鍵は交換した方がいいの?
  • もし交換しないとするとどんなリスクがあるの?
  • そもそも鍵の交換っていくらぐらいかかるの?

 

こういったお悩みに答えていきます。

 

最後まで読んでいただくと、鍵交換をしないで使っている怖さをご理解いただけるはずです。

スポンサーリンク

中古住宅の鍵は交換した方がいい?

中古住宅の売買をするときにはほとんどの物件が『現況有姿(げんきょうゆうし)』での取引で、売主さんが荷物を全て撤去して建物内を空っぽにした状態での引渡しになります。

 

不動産屋が売主の場合はリフォームをしてくれている物件もありますが、個人が売主の場合はほとんどリフォームはしてくれてません。

手放す家よりもこれから住む家にお金をかけたくなるのは当然のことですよね。

 

現状有姿での引渡しとなると、受け取れる鍵も当然売主さんが使っていたままのものです。

1本や2本失くしていることもよくありますし、逆に1本だけしか持っていなかったり全ての鍵がコピーキーの場合だってあります。

購入後の安全を考えると中古住宅を買ったときの鍵交換は絶対にやっておいた方がいいです。

鍵交換しない場合のリスク

中古住宅を買って鍵交換をしない場合はかなりのリスクを負うことになります。

  1. 売主側がまだ鍵を持っていることがある
  2. 工事業者や仲介業者がコピーキーを作っていることがある
  3. そもそも古いタイプの鍵はピッキングに弱い

売主側がまだ鍵を持っていることがある

引渡しのときには売主さんから全ての鍵を引き継ぎますが、うっかりして売主さんや売主さんの家族がまだ鍵を持っている可能性もあります。

 

  • 離れて暮らす子供が持っていた
  • 近くに住む両親に預けていたのを忘れていた

なんてこともよくありますからね。

 

元々何本あったかもわからないうえにどれだけコピーキーを作っているかも買主側としてはわからないので、売主さんの「これで全部です」という言葉を鵜呑みにするのも危険です。

工事業者や仲介業者がコピーキーを作っていることがある

リフォームをしてくれた際に鍵交換も済ませてくれている中古住宅や売主さんの善意で鍵交換だけしてくれているなんて物件も稀にあります。

 

ただ、そんな物件でも絶対に安心というわけではないので注意が必要です。

 

鍵交換してくれているなら安全じゃないの?

と思われるかもしれませんが、問題は鍵を交換してくれたタイミングなんです。

 

誰かがコピーキーを作る機会があるのであればそれは鍵交換をしれくれている意味が全くありません。

 

リフォーム工事中に交換したなら工事業者は鍵を持ってますし、退去して売り出す前に鍵交換をしているなら仲介業者はお客様案内用で鍵を預かっています。

これらの工事業者や仲介業者、またはその協力業者は新しい鍵に触れる機会がありますので簡単にコピーキーを作ることができてしまうんです。

 

新しい鍵が封を切っていない袋に入っている場合や引渡し後に目の前で交換して新しい鍵を渡してくれる場合以外は疑ってかかる方が賢明ですね。

そもそも古いタイプの鍵はピッキングに弱い

そもそも古いタイプの鍵はピッキングなどで開錠に時間がかからないので空き巣の被害に遭いやすくなります。

今でも現役で使われているタイプの鍵でも鍵屋さんは「1分あれば開けられる」って言いますからね。

家に貴重品を運び込む前に、開錠に少なくとも5分以上かかる程度のものや防犯性の高いディンプルキー等に交換しておくと安心です。

鍵交換の出張サービスはコチラ>>鍵の救急トラブルに365日年中無休、出張見積り、キャンセル¥0で安心スピード対応!

カギ交換にかかる費用

カギ交換にかかる費用としてはピンキリで、性能を上げていけばどんどん高くなります。

カギ交換が必要だとしてもあまり高いようでは気が引けてしまいますよね。

 

一般的に使われているものの相場としては1ヶ所につき15,000円程度です。

最近の玄関ドアはカギが上下2ヶ所ついていることが多いので30,000円(15,000円×2)程度必要な計算になります。

 

中古住宅を買う場合はカギの箇所×15,000円ぐらいの予算は余分に見ておくといいでしょう。



まとめ

鍵交換をしないで使っている怖さをご理解いただけたでしょうか?

 

カギ交換が済んでいる中古住宅を買う場合であっても、それだけで納得せずに交換をしたタイミングを確認したうえで交換を検討しましょう。

 

もし売主さんの負担でカギ交換をしてくれるのであれば、引き渡しの直前か引き渡し後にしてもらえるよう相談してみるのもいいかもしれませんよ。

 

たとえ売主さんや仲介業者が

これで全部なんで鍵交換しなくても大丈夫です!

すでに交換してあるから大丈夫!

なんて言ったとしても、もし万が一のことがあっても彼らは何の責任も取ってくれません。

あなたの財産を守れるのはあなただという自覚を持って判断しましょう!



リフォーム
スポンサーリンク
アークをフォローする
不動産取引の基礎知識〜情報弱者は悪徳な不動産屋にカモられる〜

コメント