仲介手数料家賃1ヶ月分は違法?仲介手数料を知って契約費用を節約しよう

賃貸

賃貸物件の契約をするときには不動産屋に仲介してもらうことになります。

知人から直接借りられるような場合もありますがこんなケースは稀ですし、後々のトラブルを考えると専門業者に手続きをしてもらう方が安全です。

 

不動産屋に仲介をしてもらうとなると不動産屋のお仕事料、仲介手数料がかかります。

 

この記事では

  • 賃貸アパートの契約にはどれぐらいの仲介手数料がかかるの?
  • 仲介手数料を安くしてもらう方法ってあるの?

こういったお悩みに答えていきます。

 

引っ越しとなるとアパートの契約費用だけでなく、引っ越し業者の費用や家具家電を新調する費用もかかってくるので圧縮できる費用はできるだけ知っておくと便利です。

スポンサーリンク

仲介手数料の上限金額は法律で決められている

仲介手数料として不動産屋が受け取れる金額の上限は法律によってキッチリと決められています。

支払う仲介手数料の金額は借りる物件の家賃によって変わります。

貸主と借主が負担する割合を知ることが大事

法律上は貸主と借主から受け取れる仲介手数料の合計が家賃1ヶ月分(消費税別)を超えてはいけないと決められています。

問題は大家さんとあなたが支払う仲介手数料の割合をどう決めるのかという点です。

 

店舗や事務所を賃貸で借りる場合は特に負担割合に制限がなく

0.6ヶ月:0.4ヶ月

でも

1ヶ月:0

でも合計が1ヶ月を超えていなければ問題ありません。

 

しかし居住用のアパートを借りる場合は貸主と借主の負担割合を

0.5ヶ月以内:0.5ヶ月以内

にしないといけないという制限がかけられています。

※ 消費税は別でかかります

アパート契約で借主からの仲介手数料を家賃1ヶ月分請求するのは違法なのか?

「アパートを契約するときに家賃1ヶ月分と消費税の仲介手数料をとられたけどこれって違法なの??」

こんな経験をしていて疑問に思った人もいるかもしれません。

 

居住用アパートを借りる際の負担割合0.5ヶ月以内:0.5ヶ月以内の制限には

支払う本人が承諾しているなら片方から家賃1ヶ月分の仲介手数料をもらってもいい

という特例があります。

※ この場合は当然もう片方からは仲介手数料は1円も貰ってはいけないことになります。

 

この特例を利用することでほとんどの不動産屋が借主からの仲介手数料は家賃1ヶ月分としていますし、家賃1ヶ月分を請求したから絶対に違法というわけでもありません。

 

法律上はどんな方法で承諾をもらう必要があるかまでは明確に書かれていませんので、実務上は

  • 店舗のよく見えるところに『当社では契約成立時に仲介手数料として家賃1ヶ月分を頂戴いたします』と掲示している
  • 仲介手数料の支払い承諾書に署名捺印をもらう(基本が0.5ヶ月以内であることの説明はしない)

こういった方法で『借主から承諾をもらった』としています。

不動産屋はなぜそんな不公平な請求をするのか?

大家さんは仲介手数料ゼロなのに、あなただけ家賃1ヶ月分の仲介手数料を請求されるとなると不公平ですよね。

ではなぜ不動産屋はそんな不公平な請求をするのでしょうか?

 

その理由は不動産屋がより多くの利益をあげるためです。

 

本来であれば不動産屋は

貸主0.5ヶ月分+借主0.5ヶ月分=合計1ヶ月分

の仲介手数料を受け取ることができます。

 

これを

貸主0+借主1ヶ月=合計1ヶ月

とすることで、さらに大家さんには別の名目(業務委託費や紹介料等)で報酬を請求して受け取っているんです。

合計家賃2ヶ月分の報酬を受け取れているわけですね。

 

貸主も法律上の規定を詳しく知っている人は少ないので、

「成約時は紹介料として家賃1ヶ月分いただきます」

と説明されると、そういうものなのかと納得してしまうんです。

仲介手数料が無料の物件があるってホント?

不動産屋が入居者を募集している物件の中には仲介手数料が無料の物件があるって知ってますか?

部屋探しをするならそういった物件を優先して探せると契約費用をかなり圧縮することができます。

 

具体的にどういった物件が仲介手数料無料になるかというと

  1. 不動産屋が貸主の物件
  2. キャンペーン物件

不動産屋が貸主の物件

部屋探しに行った不動産屋が所有している物件やサブリース物件(不動産屋が所有者である大家さんから賃貸してさらにそれを又貸しするもの)を借りる場合は貸主との直接契約となるので仲介手数料はかかりません。

 

こういった物件はリフォームもキッチリされていますし、管理体制も悪くないのでエリアや賃貸条件に問題がなければ優先的に検討すべき物件ですね。

 

素人家主に当たる心配がない点も大きなポイントです。

関連記事:賃貸に住み始めてからのトラブル連発?素人家主には気をつけろ!

キャンペーン物件

運が良ければキャンペーン物件に出会うことができます。

 

空室期間が長い部屋空室になって間もない部屋があると、空室になって間もない部屋の方をなんとなんく選んでしまいませんか?

空室期間が長いだけで敬遠されるので、そのままにしておくとどんどん空室期間が延びてさらに選ばれない部屋が出来上がってしまいます。

 

それを打開する策としてキャンペーンが使われます。

 

キャンペーン物件では家賃や敷金礼金が安く設定されていたり、大家さんから紹介料を多く支払ってもらう約束を取り付けて仲介手数料を無料にしたり割引することで他の部屋を契約するときに比べてお得感を出します。

 

お得に契約するなら

「キャンペーンをやってる物件はないの?」

と聞いてみるのを忘れないでください。

 

大家さんが「優先的に入居してもらいたい!」と考えている物件なので好条件で契約するチャンスですよ。

仲介手数料は値引きしてもらえる?

仲介手数料の値引きを引き出すポイントは不動産屋が「どうしてもこの契約が欲しい!」と思っているタイミングを狙うことです。

 

具体的には毎月20日以降が狙い目です。

営業会社では月末で売り上げを締めるので、月末が近づいてくると少しでも売り上げを取り込もうと必死に契約をまとめようとしてきます。

 

そのタイミングで

今月中に契約するんで仲介手数料安くしてください

と交渉すると成功率がかなり高くなります。

 

 

他にも紹介特典を設けているところもありますので、最近その会社でアパートを借りた友人から営業担当に問い合わせてもらうのもいいですね。

 

部屋探しをしている友人がいるんですが紹介するんで仲介手数料を下げてあげてくれますか?

と話をつけておいてもらうと他の交渉面でも優遇してもらえたりもしますのでかなりお得に契約できます。

まとめ

賃貸契約をするときにかかる仲介手数料の計算方法や上限についてご理解いただけたでしょうか?

 

『賃貸アパートの契約では本当は家賃0.5ヶ月分までしか仲介手数料を請求できないことを知っている』と不動産屋に伝わるだけで『このお客さんからは0.5ヶ月分までしかもらえないな』と勝手に諦めてくれることもあるので、このことを知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。

 

仲介手数料が無料の物件や仲介手数料の値引きをうまく利用すれば契約費用の負担をかなり軽くすることができますのでぜひ参考にしてみてください。

賃貸
スポンサーリンク
アークをフォローする
誰も教えてくれない不動産取引の基礎知識

コメント