【賃貸】入居前に鍵交換してる?そのまま使うリスクと鍵交換の基礎知識!

賃貸

あなたの借りているアパートの部屋は入居前に鍵交換をしてくれていますか?

もし前の入居者が使っていたままの鍵をいまだに使い続けているなんてことであれば今すぐにでも鍵を交換してください!

 

前の入居者が合鍵を隠して持っていたとすれば、たとえオートロック付きのアパートであったとしても鍵がかかっていないのと同じですからね。

 

この記事では

 

  • アパートを借りるときの鍵交換ってどうなってるの?
  • 鍵交換をしていないとどんなリスクがあるの?
  • 入居中の鍵交換は自由にやっても大丈夫なの?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

物騒な世の中なので防犯意識を高めるためにも、

  • これからアパートを借りる人
  • 今アパートを借りて住んでいる人

は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

賃貸アパートの鍵交換って入居前にしてくれていますか?

アパートの入居前には鍵交換を済ませてくれているかを大家さんに必ず確認しておきましょう。

この確認をしておかないと入居後にあなたが無駄なリスクを背負い込むことになります。

入居前に交換してくれている場合

入居前に交換してくれているならさらに次の2点を確認しましょう。

  1. どのタイミングで交換してくれたのか
  2. 合鍵は誰が持っているのか

どのタイミングで交換してくれたのか

鍵を交換してくれている場合であってもそのタイミングによっては安全とは言い切れない場合があるのをご存知ですか?

 

鍵交換のタイミングとしては

  • 前の入居者の退去直後
  • 鍵の引き渡しの直前

のどちらかになります。

 

仮に前の入居者の退去直後に鍵交換をしてくれている場合、直前の入居者は入れなくなりますが、鍵交換後に立ち入るリフォーム業者や現地案内に来る仲介業者ならその気になればいくらでもコピーキーを作る機会があります。

 

あなたの入居が決まった後の引き渡し直前で鍵交換を済ませてくれている方が圧倒的に安全なんです。

 

新しい鍵に交換してくれているから大丈夫!

そう安易に考えてしまうのは危険です。

合鍵は誰が持っているのか

合鍵を誰が持っているのかについても合わせて確認しておきましょう。

 

大家さんだけが合鍵を持っている場合もあれば、管理会社でも預かっていることがあります。

 

これらは緊急時には部屋に立ち入らないといけないことも考えられるので合鍵を持っていることが多いですが、防犯性を考えるのであれば合鍵を持ってる人は少ないに越したことはありません。

 

仲介会社に預けたままで回収し忘れているなんてものがあれば最悪ですね。

絶対に回収してもらっておきましょう。

入居前に鍵を交換してくれていない場合

鍵交換をしてくれていない場合は次の3点を確認しましょう。

  1. 大家さんの負担で鍵交換をしてもらうことはできないのか
  2. 自分の費用で交換する場合にも原状回復は必要なのか
  3. 自分の費用で交換する場合でも大家さんや管理会社に合鍵を預けないといけないのか

大家さんの負担で鍵交換をしてもらうことはできないのか

鍵交換をしてくれていない場合であっても、大家さんの負担で交換してもらうことはできないのかを聞いてみましょう。

 

すんなりと要望を飲んでくれることもあるので、そうすれば無駄に費用がかからないのでラッキーです。

自分の費用で交換する場合にも原状回復は必要なのか

もし大家さんの方で鍵交換をしてもらえない場合はあなたの負担で鍵交換をすることになります。

 

その場合、退去時するときには原状回復(古い鍵に戻す)の必要があるのか、それともあなたが買った新しい鍵を置いていかないといけないのかを事前に聞いておきましょう。

 

もし原状回復が必要なのであれば、鍵交換後も古い鍵を大事に保管しておかなければなりません。

鍵交換費用を出したのに、古い鍵をなくしていることでさらに原状回復費用まで負担させられたりしたらたまりませんからね。

自分の費用で交換する場合でも大家さんや管理会社に合鍵を預けないといけないのか

仮にあなたが費用を出して鍵交換をしたとしても、大家さんや管理会社は

管理するうえで必要なので1本あずかりたい

と言ってくるかと思います。

 

どうしても拒否できないということなら仕方ありませんが、賃貸契約上の緊急連絡先や連帯保証人に必ず鍵を1本預けておいて緊急時に開けに来てもらうということではダメかどうかも聞いてみましょう。

 

管理会社に鍵があるということは従業員であればあなたの部屋の鍵に触れる機会があるということなので気持ちのいいものではありません。

 

賃貸業大手である大東建託は全ての鍵を入居者に預け、管理会社側では一切合鍵を持たないことで万が一にも疑いがかからないようにしていますが、入居者側としてもこちらの方が安心できますよね。

鍵交換にかかる費用って誰が負担するか決まってるの?

鍵交換にかかる費用はどちらが負担しないといけないという法律上の決まりはありません。

どちらが負担しても問題ないので大家さんと相談して決めることになります。

 

国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドラインによると次のように書かれてありますので参考までにご紹介しておきます。

次の入居者を確保する目的で行う設備の交換、化粧直しなどのリフォームについては、経年変化及び通常使用による損耗等の修繕であり賃貸人が負担すべき

引用:原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

 

鍵の交換については『次の入居者を確保する目的で行う設備の交換』と考えることもできますので基本的には大家さんが交換費用を負担するのが妥当と言えるかもしれません。

自分でお金を出すならいつでも自由に鍵交換してもいいの?

鍵の交換費用を自分で出すからといって、借主がいつでも自由に交換してもいいわけではない点には注意してください。

 

賃貸アパートの部屋はあくまでも借り物で、大家さんの持ち物です。

手を加えるときは必ず事前に相談して許可をもらう必要があります。

 

オートロックと連動している場合や大家さんがマスターキーを持って全部屋の鍵を管理している場合もありますので勝手にやってしまうと無駄なトラブルを生むことになります。

自分でやれば格安!ドライバーがあれば誰でも簡単に鍵交換ができる

鍵はドライバーさえあれば素人でも簡単に交換することができます。

 

通常であれば1箇所につき15,000〜20,000円程度かかる交換費用もあなた自身が交換作業をするなら材料費だけなので3,000〜5,000円程度でできてしまいます。

 

 

シリンダーの交換方法【コメリHowtoなび】

 

ドアノブと鍵が一体になった握り玉タイプや引き違いドアの場合は交換が難しいので無理に自分でしようとせずに専門業者に依頼しましょう。




鍵交換なら満足度No1!年間10万件の実績と一年保証付き 年中無休全国対応の鍵屋

まとめ

前の入居者が使っていた鍵をそのまま使うというのがいかに危険であるかご理解いただけたでしょうか?

 

大家さんがいくら

前の入居者から全部の鍵が返却されてるから大丈夫!

前の入居者が退去後すぐに交換してあるから大丈夫!

と言ったとしてもそのまま鵜呑みにしてはいけません。

 

前の入居者がコピーキーを1本返し忘れていたり、失くしたと思っていた鍵が不意に出てきたりすればその人にとってはオートロックすら無意味です。

万が一のときに被害にあうのはあなた自身なんですから常に防犯意識は高く持っておきましょう。

 

新しく交換してある鍵でも他の人がコピーキーを作る機会のあったのならすでにリスクを抱えてしまっています。

もし心配な点がある場合は自分で費用を負担してでも交換しておくことをオススメします。

 

これから使うことになる鍵がどの時点で交換され、入居中は誰が合鍵を持つことになっているのかについても必ず確認しておくことが大事です。

賃貸
スポンサーリンク
アークをフォローする
誰も教えてくれない不動産取引の基礎知識

コメント