不動産広告の「徒歩〇〇分」について

皆さんも不動産広告を見たときに「〇〇駅徒歩〇〇分」「〇〇小学校まで徒歩〇〇分」という言葉を見たことがあると思います。

「本当に〇〇分で着くの?」とよく聞かれるのでそれについてお話ししたいと思います。

まずは、この「徒歩〇〇分」について

そもそも不動産屋は全ての物件について最寄り駅に向かって歩いて計測しているものではありません。

では、どうやって計算しているかというと、徒歩1分=80mとして計算して表記するように決められております。

最近ではグーグルマップで距離を計測機能を利用して計算することも多くなりました。

次に、そもそも1分で80mっていうのはどうなの?という点

私自身も「1分=80m」というのを知った時に実際に計ってみたことがあります。

結果的に、平坦な道を普通に1分間歩いてみて85mは歩くことができました。

不動産広告で注意するのは、基本的に地図上での80mを1分として計算しているので坂道等が計算に入っていません。

なので、目的地までの間に坂道等がある場合はもう少しかかると考えておく必要があります。

通勤に駅を使われるような方でお引越し先の土地勘があまりない場合は「徒歩〇〇分」というのを鵜吞みにせず、坂道等がないかどうかを事前に不動産屋に問い合わせておくといいでしょう。