ホームインスペクション(住宅診断)について

中古住宅を探しているときに必ず気になってしまうのが、「建物に欠陥はないのか」「この価格で購入して大丈夫か」という点である。

皆さんはこの不安を解消してくれる専門家(ホームインスペクター)をご存知でしょうか?

ホームインスペクターが行う専門業務をホームインスぺクション(住宅診断)といいます。これは住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が、第三者的な立場・専門家の見地から住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき所やその時期、おおよその費用などを見きわめてアドバイスを行ってくれるというものです。

今後は中古住宅売買の現場においてもホームインスペクターの役割が重要になってきそうです。

2018年4月から不動産屋には売主に対してホームインスぺクションを促し、実施した場合は買主に対して結果を説明する義務が課されることになります。

物件を実際に見てみても、外壁や屋根の状態や床下の状態まで一般の方がキッチリ把握するのはかなり困難です。

少しでも多くの中古住宅がホームインスぺクションを実施することによって買い手側としては物件の状態を把握・納得したうえで適正な価格で購入できるようになるというメリットがある反面、売り手側としては予期せぬ欠陥が発覚したりすれば、希望していた売却価格より大幅に価格を下げて募集活動をすることになる可能性もあるので売り手側としてはあまり積極的には実施しないようにも思ってしまいますが・・・。

2018年4月以降でインスペクションを実施する件数がどのように増えていくかは注目したいところですね。