不動産を売りたいけど媒介契約って必要?

不動産を売りたいときは、不動産業者と媒介契約を結ぶ必要があります。

この媒介契約には3パターンあり、どれを選ぶのが一番いいのでしょうか。

スポンサーリンク

媒介契約の種類

一般媒介契約

依頼主は、物件売却の仲介や代理を1社以上の宅建業者へ重ねて依頼することができます。

自分が見つけた購入者と売買契約を結ぶことも可能です。

専任媒介契約

依頼主は、物件売却の仲介や代理を1社のみにしか依頼することができません。

自分が見つけた購入者と売買契約を結ぶことも可能です。

宅建業者には物件情報を国土交通大臣が指定した指定流通機構(レインズ)へ登録する義務があります。

2週間に1回以上の頻度で販売状況の報告がもらえます。

専属専任媒介契約

依頼主は、物件売却の仲介や代理を1社のみにしか依頼することができません。

自分が見つけた購入者と勝手に売買契約を結ぶことができず、依頼した宅建業者を通して契約しなければいけません。

宅建業者には物件情報を国土交通大臣が指定した指定流通機構(レインズ)へ登録する義務があります。

1週間に1回以上の頻度で販売状況の報告がもらえます。

オススメは専任媒介契約

一般媒介契約と専任媒介契約では不動産業者の広告費用のかけ方が大きく違ってきます!

一般媒介契約に比べて専任媒介契約・専属専任媒介契約の方がより多くの広告費用をかけてくれる傾向にあります。

これは一般媒介契約では他社が先に契約をしてしまった場合、かけた費用を全く回収できないリスクがあるためです。

不動産業者の知人が多かったり、自分で知人に声をかけていきたい場合は一般媒介契約を結ぶことになりますが、特にそういった事情がない場合は専任媒介契約をしておくことをオススメします。

指定流通機構(レインズ)へ登録してもらうメリット

レインズとは、簡単に言う不動産業者同士が物件情報を共有するために物件情報を登録するネットワークです。

不動産業者なら誰でも自由に物件情報の登録・検索をすることができ、情報を登録してもらうことで全く面識のない業者に自分の物件をお客さんへ紹介してもらえるようになります。

一般媒介契約のようにいろんな不動産業者に依頼しておいたほうが多くのお客さんに紹介してくれるような気もしますが、レインズへの登録は義務ではありません。対して専任媒介契約では必ず指定流通機構(レインズ)へ物件情報を登録してくれます。

レインズへ登録のメリットはかなり大きいので、一般媒介契約を締結する場合でも登録してもらえるかどうかは必ず確認しましょう。。

なかなか売れない場合は

媒介契約は3ヶ月を超えない期間を決めて締結することになります。(実際は期間を3ヶ月としている業者がほとんどです)

依頼主からの更新の申し出がある場合のみ更新することができるので、申し出がなければ期間満了で終了してしまいます。

依頼した業者の販売活動や報告内容に納得がいかない場合は契約期間満了後に別の業者へ依頼することも検討していきましょう。

まとめ

特別な事情がない場合は専属専任媒介契約から検討しましょう。

知人にも紹介したいなら専任媒介契約・知人の業者にもお願いしたいという場合は一般媒介契約という具合です。

一般媒介契約の場合であっても指定流通機構(レインズ)への登録はしてもらうことは忘れないでください。

物件が売れるまでのスピードが全然違います。

依頼した業者が頼りないなら早めに別の業者へ切り替えて早期売却を目指しましょう。