アパート契約に必須の火災保険、意外と知らない便利な使い道

火災保険

アパートの契約をするときに必ず加入しなくてはいけない火災保険。

実際に「火災保険のおかげで助かった」って経験がある人って少ないかもしれません。

ですが、アパート契約の時の火災保険には意外な使い道もあるんです。

せっかくお金を払って加入した火災保険を無駄にしないために覚えておくと役立ちますよ。

スポンサーリンク

アパート契約における火災保険

アパートを契約するときに加入しないといけない火災保険は、そのほとんどが火災や水災・風災・盗難などが起こった時にあなたが所有する家財一式を補償するための家財保険を指します。

 

この家財保険には

  1. 家財の補償
  2. 大家さんに対する弁償補償(借家人賠償)
  3. 個人賠償

の3つの側面があります。

家財の補償

火災や大雨による浸水、台風による風災によってあなたが所有する家財に損害が発生した場合に補償がおりるものです。

大家さんに対する賠償補償(借家人賠償)

あなたの部屋が出火元となってアパートに損害を与えた場合などに、大家さんに対する賠償責任が発生します。

この賠償責任を補償するためのものです。

個人賠償

自動車保険などにも付帯していることもありますが、バルコニーから植木鉢を落としてしまって通行人に怪我をさせてしまったり、買い物先で商品を落として壊してしまった場合に補償がおりるものです。

大家さんに対する賠償補償(借家人賠償)の便利な使い道

今回私がお伝えしたいのは大家さんに対する賠償補償の便利な使い道です。

火災なんて滅多にあるものではありませんし、使う機会なんてなさそうですよね。

 

パンフレットや仲介業者の説明では『火災』を事例にしていることがほとんどですが、決して賠償補償の原因を『火災』に限定しているわけではありません。

 

あなたがうっかりして大家さんの所有しているアパートに損害を与えてしまった場合には規模は違えど当然に賠償責任が発生します。

例えば、うっかりつまずいた先の壁に手をついた拍子に壁に穴を開けてしまった場合です。

これならありそうですよね?

 

普通なら「ヤベッ!解約する時に修理費請求される・・」って思ってしまって終わりますが、こんな賠償責任が発生するケースでは加入している火災保険の大家さんに対する賠償補償を利用して修理費用を保険金でもらうことができる場合があります。

 

こけた拍子に寄りかかった洗面台にヒビが入ってしまって、交換費用がかかったケースでも保険金がおりたこともあります。

せっかく払った火災保険料を無駄にしないために

アパート契約では火災保険に加入し、入居している期間は更新しながら継続加入する必要があります。

2年毎に火災保険料を払っているのに全く使わないのは非常にもったいないことです。

 

せっかく火災保険料を支払っているので、どういった場合に補償がおりるのかは再度確認しておきましょう。

 

お金のかかることが起こってしまった場合は加入している保険でどうにかならないのかを積極的に検討することをオススメします。

 

「保険おりるの?おりないの?」って気になったら遠慮せずに保険会社に電話しましょう。

その1本の電話が数万円になって返ってくることもありますよ。

最後に

アパート用の火災保険は車の保険と違って、使うと次回の保険料が上がるなんてことはありませんので使わないと損です。

 

加入している保険会社・契約内容によって使えるケースが違ってきます。

お金を無駄にしないためにも便利な使い道は1つでも多く知っておくといいですよ。

コメント