仲介手数料の不思議

雑談
スポンサーリンク

仲介手数料って?

アパートを借りたり家を買ったりするときの仲介手数料・・・不動産屋さんに支払う仲介業務に対する報酬なのですが、不動産屋さんによって金額がマチマチだったりします。

いいかげんな感じで請求されてる気もしますが、案外キッチリした法律の規定があるんです。

仲介手数料はいくら払うの?

アパートを探しているときに不動産屋に「仲介手数料いくらかかります?」と聞いてみると、返ってくる返事としては「家賃の一ヶ月分に消費税です(A不動産)」もしくは「家賃の半月分に消費税です(B不動産)」のどちらかでしょう。

お部屋探しに来られる方のほとんどは「アパートを借りるときは家賃一ヶ月分の仲介料がいる」と思い込んでいるのでB不動産の「半月分」と聞くと「なんて良心的なんだ」「A不動産では一ヶ月分必要なのに半月分でいいなんて」と思ってしまいがちである。

実は仲介手数料については次のような規定がある。

宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。)の合計は、当該宅地又は建物の借賃の一月分の1.08倍に相当する金額以内とする。この場合、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の一月分の0.54倍に相当する金額以内とする。

なんともわかりづらい・・・簡単に言うと、

不動産屋が貸主・借主の両方から受け取れる仲介手数料は、家賃の一ヶ月分に消費税(1.08倍)以内とする。居住用の建物の場合は貸主・借主一方より受け取れる仲介手数料は家賃の半月分に消費税(0.54倍)を上限とする(ただし、お客さんの承諾がある場合は除く)

という感じでしょうか。

なんとなくおわかりいただけると思いますが、アパートを借りる場合の借り手側が支払う仲介手数料は、原則家賃半月分に消費税が上限ということになる(この場合は貸主からも仲介手数料として半月分に消費税が不動産屋に支払われる)。

ではなぜ平気で「家賃一ヶ月分に消費税」という不動産屋が多いのか?

法律違反ではないのか?となるところではあるが、実は上記の「ただし、お客さんの承諾がある場合は除く」というのを「合計が一ヶ月分と消費税になるならお客さんが納得さえしていれば貸主50%・借主50%の割合を変更してもいい、貸主0%・借主100%でもOK」と解釈していることになる。

そういう不動産屋はたいてい店内に「当店の仲介手数料は家賃一ヶ月分に消費税」と書かれたものが貼ってあったりする。かなりグレーではあるが表示していることによってお客さんの承諾をもらっているとして一ヶ月分と消費税を請求していることになる。

まとめ

先ほどの例でみると、B不動産が身を削って営業努力しているように見えたが、実はそれが普通なんだということになる。

A不動産のような不動産屋が悪いとは言わないが、どちらが良心的であるかは言うまでもないですね。

お部屋探しをされる際「こんな話もあったなぁ~」と思い出していただければ嬉しいです。

コメント