宅建士の仕事について

宅建士の仕事
スポンサーリンク

宅建士とは??

そもそも「宅建士」とは「宅地建物取引士」の略になります。

(数年前までは「宅地建物取引主任者」という名称でした)

「宅地建物取引士」は宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格者で、不動産業者が行う土地や建物の売買等の取引に対して、法で定める事務を行う不動産取引法務の専門家のことを言います。

宅建士の仕事

こちらでは宅建士の主な仕事についてご説明したいと思います。

宅建士には以下の重要な3つの仕事があります。

  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約書類への記名・押印

これらの業務は宅建士しかできないことになっておりますので、不動産屋の社長さんや契約担当者が重要事項の説明を宅建士に代わって行うのは違反行為になります。

特に重要になるのが重要事項の説明です。

不動産屋には賃貸の場合でも売買の場合でも契約手続き前に宅建士に重要事項説明をさせる義務があります。重要事項では対象物件がどういうものでありどういう規制がついたものなのかを専門家の口から説明し、内容をご納得いただいたうえでご契約手続きをすることになります。

皆様もアパートを借りたり土地建物を購入したりする際は、重要事項を必ず宅建士に説明をしてもらうようにしましょう。

宅建士がいなくて代表者や契約担当者が適当に済まそうとする会社も今だにあると聞きます。疑わしい場合は「宅建士証をお持ちですか?」と確認することも大事です。

コメント