アパートの住宅保険はつかわないと損!

火災保険

アパートを借りるときには予想していなかった費用が掛かってきたりします。

保証会社加入料・住宅保険料・カギ交換代・ルームクリーニング費用などハウスメーカーや管理会社によって必要な項目はマチマチです。

 

少しでも契約費用を安くしたいと思ってもどの物件を借りるにしても削ることができない費用があります。

それが住宅保険です。

スポンサーリンク

住宅保険は半ば強制

アパートを借りるときには「住宅保険への継続加入」が契約条件となっていることがほとんどです。

 

この住宅保険は万が一の火災事故等が起こった時のためにかけておくものですので、入居中は途切れないようにしてください。

「自分は大丈夫だろう」と勝手に判断して更新手続きをしなかったりしたときに限って事故が起こってしまったりするもんです。

保険はどんなものに入ればいいの?

住宅保険に入るにしても保険屋さんに知り合いはいないし・・というアナタも安心してください。

アパート契約時に加入を求められる住宅保険は仲介業者で斡旋してくれる「共済保険」で充分です。

仲介業者が斡旋している共済保険は、火災や風災、盗難までもカバー対応しているアパート専用の保険になります。

 

ご自身で保険代理店を探して自分で契約プランを決めて加入するというのもありですが、その時に忘れてはいけないのが借家人賠償特約です。

借家人賠償特約とは大家さんに対する弁償保証です。

万が一、アナタが火災を起こしてしまった場合には大家さんに対して賠償責任を負います。

その点を保証するのがこの借家人賠償特約となります。

こんなことにも使える住宅保険

今までこんな経験はありませんか?

歯磨き中にコップを落として洗面台にヒビが入ってしまった・・・

そんなときでもこの住宅保険が使えるかもしれません。

 

まずは加入している住宅保険に借家人賠償特約修理費用特約が付いているかどうかを確認してください。

これらのどちらかが付いていれば保険を請求できる可能性がありますので保険会社に問い合わせてみてください。

免責額があれば免責額を除いた金額しか請求できないのでその点には注意です。

 

保険が出るかどうかはケースバイケースなのですが、問い合わせしてみなければ全額自己負担になってしまいます。

少しでも保険がでればラッキーです。

まとめ

アパートの設備をうっかり破損させてしまった場合はまず加入している住宅保険の確認を!

借家人賠償特約や修理費用特約が付いていれば保険を請求できる可能性があります。

 

自分の判断で「どうせ出ないな・・」と決めてしまうのはもったいないです。

どうせ入居中は継続加入するものですし、使ったからといって金額が上がってしまったりするものでもないので使わないと損です。

 

保険は「出たらラッキー」と考えてどんどん使ってみてください。

コメント