住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)について

住宅ローン

住宅ローンを組み、一定の要件を満たす住宅の購入・新築・増改築をした場合に税金の控除を受けることができる制度があります。

住宅ローン控除と呼ばれるもので、借入額によってはかなりの控除額が期待できます。

スポンサーリンク

住宅ローン控除の適用要件とは?

住宅ローン控除を利用する要件として以下のものがあります。

  • 合計所得金額3000万円以下であること
  • 家屋の床面積50㎡以上で床面積の2分の1以上が自己の居住用であること
  • 取得の日から6ヶ月以内に入居し12月31日まで引き続き居住していること
  • 金融機関からの借り入れで返済期間が10年以上であること

どれぐらい控除されるの?

住宅ローンの年末借入残高の1%が控除されることになります。(ただし、入居年や消費税率等によって控除限度額が異なってきます)

原則は所得税額から控除されることになりますが、控除しきれない残額がある場合は個人住民税から控除されます。

住宅ローン控除を受けるには?

住宅ローン控除を受けるためには、住所地の税務署で所得税の確定申告をすることが必要になります。給与所得者の方の確定申告は初年度のみで、2年目以降は年末調整で控除を受けることになります。

年末までに借入金融機関から住宅ローン残高証明書が届くと思いますので、確定申告時期まで大切に保管しておきましょう。

その他必要書類については、新築か中古か、土地も合わせて買ったのか等で異なってきますので税務署で確認が必要です。

確定申告は毎年2月16日から3月15日となりますので忘れないようにお手続きくださいね。

 

コメント