団体信用生命保険(団信)とは

住宅ローン

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンを借りた本人が亡くなったり高度障害になった場合にその保険金を使って住宅ローンの残債を清算するものです。この保険に加入していることで、万が一本人が亡くなったとしても遺族に多額の負債を残す心配がなくなります。

団信の保険金額は、住宅ローンの残債相当額となるので保険金が発生したとしても手元に残ってくることはありません。

スポンサーリンク

団信は強制?任意?

団信は住宅ローンの借り入れをした本人が加入することになります。

ほとんどの金融機関では「団信に加入できる」ことを借入条件としています。ですので、借入れを希望される方は健康状態にも注意が必要です。

その点、フラット35では団信の加入は任意となっています。

ただし、任意だからといって「入らない」と簡単に決めてしまってはいけません。 団信に加入していない場合に借入者本人に万が一のことがあれば、残された家族に多額の借金が残ってしまうことになります。残された家族の生活に支障がでないように充分に検討して決めることが大事です。

団信の保険料は?

団信も保険ですので加入するときは保険料がかかります。

加入することを条件としている金融機関では、保険料は金融機関が負担するとなっているところが多くなっていますので借入者本人の支払いは不要です。

加入を任意としているフラット35では、借入金の返済とは別に保険料がかかってきます。

団信の保険金額は住宅ローンの残債相当額ですので、残債が減っていくのに合わせて年々支払う保険料が安くなっていきます。

最近では団信にガン保障特約や3大疾病や7・8大疾病保障特約をオプションとして追加できるようになっているところが多くなっております。しかし追加する特約によって金利が少しずつ上がっていきますので検討する際はよくご確認ください。

団信に加入できないと銀行で住宅ローンは組めないの?

健康状態に問題があって団信に加入できない場合、基本的には銀行系の住宅ローンを組むのは難しくなります。ただし、銀行によっては「ワイド団信(引受条件緩和型団信)」というものを扱っていることもありますのでその場合は検討してもらえる可能性はあります。(ワイド団信は利用すると金利が0.2~0.3%程度上がります)

その他の方法としては、団信の加入が任意のフラット35を利用する方法があります。

まとめ

 

  • 団信には強制加入(銀行系住宅ローン)と任意加入(フラット35)がある
  • 団信に加入しない場合は万が一のことも検討したうえで判断する
  • 住宅ローンを検討する際は、金利のみで判断せずに団信保険料が銀行負担か自己負担かも含めて検討するようにする

コメント