リフォーム渡し物件と不動産競売に出されていた住宅について

物件探し

売りに出されている中古住宅には引き渡し時の状態として2種類あります。

  1. 現状渡し・・入居者が荷物を出したまま状態で引き渡し
  2. リフォーム渡し・・リフォームをしてくれている状態で引き渡し

 

自分で好きなようにリフォームをしたいんだ!というこだわりが特になければ2のリフォーム渡しの方が断然楽です。

ただし、リフォーム渡しで売り出されている物件は元々不動産競売に出されていた物件も多くあります。

そのような物件を購入する際には注意しておく点があります。

スポンサーリンク

不動産競売とは

住宅を買ったときはほとんどの方が住宅ローンを利用しています。

銀行からお金を借りては購入するときに土地と建物を担保に入れる必要があります。

 

住宅の所有者はローンを毎月支払っていきますが、転職や失業などで返済が遅れてしまったり、返済が不可能になってしまうことがあります。

銀行はローンの返済が期待できないとなれば、担保にしている土地と建物をどうにか現金化してそこから返済を受けようと考えます。

それが不動産競売です。

 

不動産競売には以下のようなリスクがあるため、買おうとする個人は少なく不動産業者がメインになります。

  • 購入前に室内を見に行けない
  • 元所有者が居座る(なかなか出て行ってくれない)場合がある
  • 裁判所が作っている資料が割と雑
  • 買った物件に対して何の保証もない

 

この不動産競売に出されていた物件が中古住宅市場には多く存在します。

不動産競売に出されていた物件の見分け方

通常中古住宅が売られている場合、そこに住んでいた所有者や親から住宅を相続した相続人がもう使わなくなった家を売っているというケースがほとんどです。

 

ここで考えてみてください。そこに住んでいた所有者や相続人が家を空けているということは他に住んでいるところがあるということです。

これからも住み続ける家にお金をかけたとしても、もう住むことのない家にまでリフォーム費用をかけてくれる個人の売主さんなんているでしょうか?

経験上そんな人はいませんでした。

 

つまり現状渡しで売りに出している物件のほとんどがこのケースにあたります。

現状渡しの物件=不動産競売に出されていた物件の可能性は低い

 

個人がリフォームをして売ることがないのなら、リフォーム渡しとして売りに出されている物件は誰が売っているのでしょうか?

実はリフォーム渡しとして売っているのはほとんどが不動産業者なんです。

不動産業者が物件を仕入れる方法は以下のどちらかです。

  1. 物件に住んでいた個人(住人)から買い取る
  2. 不動産競売を利用して買い取る

 

つまりリフォーム渡しの物件=不動産競売に出されていた物件の可能性が高い

ということになります。

不動産競売に出されていた物件を購入する際の注意点

中古住宅を購入するうえで売主さんからぜひ引き継いでおきたい情報があります。

それは所有者しか知らないような住宅の履歴(新築してから今までの不良個所や故障個所、その都度のリフォームの内容)です。

 

そこに住んでいた所有者が売りに出している場合は詳しい内容を引き継ぐことはできます。

対して不動産業者が売りに出している場合、この住宅の履歴をちゃんともらえない場合があります。

特に不動産競売で仕入れた住宅については住宅の履歴を引き継げることの方が少ないぐらいです。

不動産競売で仕入れた不動産業者は住人に対して「出て行ってくれ」という話をすることになるので、連絡をとることも難しいケースも多く、住人から詳しく引き継ぐことができないのも当然です。

 

不動産競売に出されていた物件購入する際は以下の点に注意してください。

  • 住宅の履歴を詳しく引き継げない可能性がある
  • 住宅の資料(新築当時の図面等)を引き継げない可能性がある

この点を充分に理解したうえで購入を検討する必要があります。

不動産競売に出されていた物件を購入する前にしておきたいこと

不動産競売に出されていた物件を購入する場合だけというわけではないですが、購入する住宅の両隣の方とはぜひ事前に話をしてみてください。

世間話で充分ですし、何度か現地に足を運べば「ここ買うの?」と相手から話しかけてくれたりするもんです。

その世間話のなかでこの2点は確認してみてください。

  • 前にどんな人が住んでいたか
  • 事件や事故がなかったか

営業マンがあまり話したがらないマイナスの情報も事前に確認できることもあります。

これを事前にすることでハズレ物件を買ってしまうリスクをかなり減らすことができます。

あとがき

不動産競売に出されていた物件はリフォーム渡しであっても相場よりも比較的安く買えるというのが一番のメリットになります。

ただしそのメリットにばかり気持ちがいってしまうと買ったあとに後悔してしまうことになりかねません。

デメリットになる点を理解して検討することで後悔することなくお得な買い物ができるようになります。

不動産競売に出されていた物件の購入を検討する際はぜひともこの記事を思い出してください。

コメント