住宅保険で損をしないために

物件探し

家を買ったときには絶対に住宅保険に加入する必要があります。

スポンサーリンク

なぜ住宅保険に加入するのか

家を買った時に住宅保険の加入をすすめられます。

なぜ住宅保険に加入する必要があるのでしょうか。

住宅保険に加入していない場合、万が一火災が起こったときに残るのは土地と焼けた建物のみになってしまいます。

住宅保険に加入していれば、火災の場合でも建て替え費用や付けた特約によっては建て替え期間中の仮住まい費用も出ることがあります。

つまりは、万が一の事態が起こった時に自分自身と家族の生活を守るためには住宅保険は必須になります。

保険はどこがいいのか

同じ保険会社の保険商品であればどこで加入しても保険料は基本的には同じ金額です。

紹介してくれる銀行や不動産屋によって取扱いの保険会社が違うので別会社の別商品で比較していくことになります。

建物の延べ面積等から家を建て直した場合の金額はいくらぐらいになるかを保険会社が算定して保険金額を提案してくれます。

それをもとに保障される内容・保険料・免責額等で比較して決めていきます。

使える特約

住宅保険に加入するときにできればつけておいてほしい特約があります。

それは「修理費用特約」です。

これは偶然な事故で部屋を傷つけてしまったときに修理費用がでるというものになります。

この特約のいいところが、模様替えをしようとしてタンスを運んで壁を傷つけてしまった場合なんかでも利用できるところです。

しかも保険料が上がることもありません。

あとがき

住宅保険に加入しても「こんなときは保険は出ないな」と自分で決めてしまって損をしてしまうケースが意外とあります。

車の保険と違って使えば使うほど保険料が上がるというものでもないので、加入している住宅保険の内容を再度確認したうえで、保険会社に「こんなことがあったけど保険は出ないの?」と聞いていくクセをつけてうまく住宅保険を利用してみてください。

 

コメント