部屋探しを5月にすべき4つの理由

物件探し

アパートを探すのにお得なタイミングがあります。

引っ越しを考えたときに、時期的にこだわりがないのならぜひ5月がオススメです。

スポンサーリンク

5月に引っ越す4つのメリット

新しく空いてくる部屋が増える

1年のうちで引っ越しのシーズンといえば2~3月がピークになります。

4月からの新生活に向けての部屋探しや企業や役所の転勤での部屋探しが一番多い時期です。

この時期は空いている部屋が一気になくなってしまう時期ではありますが、逆に退去する部屋が増える時期でもあります。

3月末・4月末で空いてくる部屋がかなりあります。

じっくり物件を探すことができる

4月からの入居を希望する方が多いので、4月中旬ごろにはほとんどのカギの引き渡しが完了してしまいます。

2月や3月にはお客さんがいっぱいだった不動産屋も比較的すいてきます。

忙しそうにバタバタしていた営業マンにも多少余裕がでてきて希望条件に合う物件を時間をかけて探してくれるようになります。

家賃の値切りがききやすくなる

春の引っ越しシーズンで空いていた部屋の大家さんは「なんとかこのシーズンで満室にしたい」と思っています。

ですが、シーズンを過ぎても空室が残ってしまった場合は「いつ入居希望者が見つかるかわからない。もしかしたら次の春まで・・・」と考える大家さんも出てきます。

春で新たに空いてきた部屋の大家さんも同じように考えます。

「一番お客さんが多い時期を過ぎてから部屋が空いてしまった。なかなか入居希望者が見つからないかも」

そこが家賃値切りのチャンスです。

この時期は「多少家賃を下げてでも入居してもらえるなら・・・」と思ってもらえやすい時期なんです。

逆に1~3月はほとんど家賃の値切りがききません。

引っ越し費用が安い

引っ越しのシーズンを過ぎてしまえば引っ越し業者の費用が格段に安くなります。

3月のピーク時には通常の3倍近くまで跳ね上がった費用が落ち着いてきます。

大安や仏滅といった日でも値段が違うこともありますので、見積もりに来てもらう時に「安い日はいつですか?」と聞いてみてください。

まとめ

5月の引っ越しをオススメする理由は以下のとおりです。

  • 新しく空いてくる部屋が増える
  • じっくり探すことができる
  • 家賃が値切りやすい
  • 引っ越し費用が安い

できるだけ引っ越しのシーズンを避けて、不動産屋が暇そうな時期に部屋探しをすることでお得な条件を引き出しやすくなります。

引っ越しをお考えの方はぜひ5月に!

コメント