賃貸アパートではすぐにインターネットは使えない!?

物件探し

賃貸アパートを借りたときに一番ストレスを感じてしまうのはどんなことでしょうか?

私はダントツでインターネットの接続についてです!

使用できるプロバイダに制限があったり、接続できるまでに日数がかかったりとなかなかスムーズにいきません。

スポンサーリンク

アパート指定のプロバイダ??

アパートを借りたとしても好きなプロバイダでインターネットを使えると思っていませんか?

残念ながらそういうわけにはいきません。

あくまで借り物である以上インターネットの回線工事をするには大家さんの承諾が必要になります。

そのためアパートでは大家さん指定のプロバイダを使わないといけないケースもよくあります。

インターネットの回線の引き込み工事では電柱からケーブルを引っ張ってきて部屋の部屋の中へ引き込みます。

この際にケーブルを外壁に固定するためにアンカーを打ち込みます。

つまり外壁に穴を空けるんです。

大家さんの反応としては2パターンあります。

  • 外壁のビス穴1つぐらいなら仕方ないな
  • 外壁に穴なんて空けられたら困る

 

最近でこそインターネット工事なら仕方ないと思ってくれる大家さんも増えてきましたが、一部の大家さんにはガンコな方もいらっしゃいます。

そういう場合は大家さん自身が特定のプロバイダのケーブルを建物へ引き込んでいるケースがほとんどなので、インターネットを全く使えないということはないでしょう。

しかし、インターネットの利用する場合は必ず大家さん指定のプロバイダを使わなければいけないことになります。

 

大家さんに内緒で工事できないのか?

これに関してはやめておいた方がいいでしょう。

例えば、eo光の引き込み工事をする場合では工事業者がどのように引き込みをするべきか下見に来ます。

そこで工事内容を記載した図面を作成し、大家さんか管理会社の承諾印をもらってくるように言われます。

その承諾印がなければ工事が前にすすみません。

 

フレッツ光の引き込み工事であれば、承諾印まで求められませんが「大家さんの許可をもらっておいてくださいね」と口頭で確認が求められます。

 

こうして見るとフレッツ光ならなんとか内緒で工事できそうな気もします。

ただここで嘘をつくのはリスクしかありません

 

大家さんも自分が所有している建物にある日いきなり知らないケーブルが引き込まれていたら流石にも気づきます。

原状回復(ケーブルの撤去・外壁のビス穴の修繕等)を求められる可能性もありますので無断で大家さんからの借り物に傷をつけるのは絶対にやめておきましょう。

 

インターネット環境の確認は賃貸契約締結までに!

インターネット環境でトラブルになってしまうケースでは、入居日が近づいて借り手がインターネットの手続きをしようとした段階で初めてインターネット環境を知らされ「思っていたのと違った」「そんなこと聞いていない」となるものがほとんどです。

 

インターネット環境は生活していくうえでかなり重要度が高いものです。

実際には「今使っているプロバイダとの解約違約金」等も関係してくることが多く、費用面を考えても注意しておきたいところです。

 

そこで、賃貸契約までにインターネット環境に関して以下の3点の確認が必要です。

  1. アパート指定のプロバイダがあるのか?
  2. アパートに導入済みのプロバイダがあるのか?
  3. 今使っているプロバイダをそのまま利用できるのか?

 

インターネットの導入状況や導入予定、利用の可否に関しては仲介業者を通して大家さんに確認をとってもらうことになりますが、アパートの内覧時に現地看板(○○導入済み!みたいなやつ)を見逃さないようにしておきましょう。

 

アパートでインターネットが使えるようになるまで

引っ越しを完了したとしてもすぐにはインターネットを利用できません。

インターネットを利用するには工事が必要です。

 

「インターネット導入済みなのに!?なんで!?」と思ってしまうかもしれませんが、導入済み=建物への引き込み済みであることを意味します。

建物に引き込まれたものを各部屋へ引き込む工事をする必要があります。

あくまで建物への引き込みと各部屋への引き込みは別物なのです。

 

各部屋に引き込む工事に必要な期間は導入済みアパートでも約2週間、建物への引き込みもされていないようであれば約4週間もかかってしまいます。

引っ越ししてからそんなにインターネットが使えないなんてかなりのストレスです。

 

導入済みアパートであっても各部屋への引き込み工事が必要であることを理解して、賃貸借契約を結んだらまずはインターネットの工事申し込みをすることを覚えておいてください!

 

プロバイダは自分で探す

インターネットのプロバイダが決まっていないなら仲介業者へ探してもらわずに自分で探してみてください。

 

仲介業者からの紹介される場合はほぼフレッツ光になります。

理由としてはプロバイダから仲介業者に入る紹介料が一番多いからです。

 

自分で探せばもっと安いところがあったりもしますのでぜひ自分でいろいろなところを比較してみてください。

キャッシュバックがあるところも多く、かなりお得に契約できるところが見つかりますよ。

 

まとめ

この時代にインターネットはかかせません。

契約したあとや入居直前になって「プロバイダは指定です」なんて言われたらなんか損した気分になりますよね。

そうならないためにも部屋探しの段階からインターネット環境を意識してみてください。

 

おさらいになりますが、

  1. アパート指定のプロバイダがあるのか?
  2. アパートに導入されているプロバイダがあるのか?
  3. 今使っているプロバイダをそのまま利用できるのか?

この3点の確認は必須です。

コメント